高額査定のための車査定のポイントを知ろう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

買い替えを考えできるだけ高額を引き出したい車査定のポイント

車という存在は、だれにとっても大事な資産です。金額から考えてもかなりの高額商品であり、年収に対する割合ということを見ても、かなり大きな価値を持つ存在といえるでしょう。簡単に購入するといったものとは違い、時間をかけ検討し、支払いの計画も立てていくことになるはずです。

価値という点から考えれば、家に次ぐものであることも珍しくありません。そんな車も見方を変えれば、損耗するものであると考えることができます。時間が来れば、傷みも出てきますし、車検という日本独特の問題ものしかかることでしょう。陳腐化するということも、車には重要なポイントとなるはずです。ですが、高額であるということからも、一人で複数台持つことはまれであり、一台購入すれば、次の機会には、今の車を査定に出して、買い換えるということが基本となるでしょう。だからこそ、少しでも高額で買い取って欲しいと考えるものなのです。


(関連記事)中古車の査定額と値引きテクニック


需要と供給がポイント

 

車査定ということでは、需要と供給のバランスで成り立っているということが重要です。自分でいくらいい車だと思っていても、他の人から見ればそんなに価値がないかもしれません。逆のことも起きますが、これが買い取り価格に大きな影響をあたえるのです。だからこそ、車を購入するときには、自分の好みで選ぶこともありますが、下取りや買い取りのことを考え、選ぶことが重要となるといえるでしょう。

これは、車種やグレードだけではなく、色も大きな影響をあたえます。奇抜な色は目立っていいかもしれませんが、多くの人が好まない以上、車査定としては下がってしまうのです。車査定で高い価値を期待したいのであれば、購入の段階から意識していかなければいけないことがわかるでしょう。


単独一社の査定にしない意味

 

車査定というと、どうしても新車の下取りというイメージもあるはずです。ところが、新車のディーラーでは中古車は必要な商品ではありません。新車を売らなければいけないのに、中古車を置くことは、利に反することになるでしょう。これでは、高額買取になるわけがありません。

もうひとつ、見積もりを単独一社にするのも、自分から安くしているのと同じことです。単独査定でだれとも競争しない状況なのですから、できるだけ安く買取ったうえで、高く売りたいと考えているのでしょう。利益が最大化できるのですから、当たり前です。だからこそ、一括査定などを利用し、競争させていかなければ損をしてしまうことになるのです。ちょっとしたことですが、これだけで数万円どころか、数十万円の差がつくこともあるのですから、やらなければ損をすることがわかるでしょう。

Pick-Up Topics

中古車査定として広まった一括査定の買取り側から見るメリット

 

中古車査定の場合、普段は他社である相手の存在がわかりません。その中で、適正な見積もりを出していくことになりますが、できるだけ利益を上げるために下げないようにコントロールするのです。ところが、一括査定は、依頼が入った段階から競争であることがわかっています。そこで、できるだけ気に入ってもらえる金額で勝負してくるのです。

これは、なにもデメリットがあるわけではありません。とかく長く時間をとられやすい買取りにあって、短時間で勝負ができるのですから、これだけでも利益があるといえるのです。

手離れの良さは、両者にメリットをもたらします。一括査定を利用するということは、どちらにもメリットがあるのですから、遠慮などをすることなく、最大限活用していくことが重要なのです。

「中古車査定として広まった一括査定の買取り側から見るメリット」の続きはこちら

事故車だからといってあきらめる前に車査定に

 

事故車の買取というと、人気車種だけに限られるのではないかと思うでしょう。確かにパーツ取りとしても、高額で取引されます。修理しても乗りたいという人が出てきますが、それだけではないのです。

日本の事故車の多くは、日本の市場に出回るのではなく、海外の市場に出ていきます。日本車は上部であり、少々の事故や傷などで価値が落ちることはないのです。そのまま販売されてしまうこともあるほどで、事故車だろうと高い人気に変わりはありません。最悪解体して、マテリアルリサイクルするという方法もあるのですから、あきらめることはないでしょう。

車を含めて、市場は需要と供給で成り立っています。ダメだと思っていても、実は需要があれば、いくらでも高値になる可能性を持っているといえるでしょう。車査定は、あきらめるのではなく、いろいろと比べてみて、自分の車の市場価値を見つけることが大切です。事故車でも車なのですから、まずは査定に掛けてみるべきでしょう。

「事故車だからといってあきらめる前に車査定に」の続きはこちら

車査定を引き上げた買ったら純正品を大切に

 

車を売るときには、基本は純正品に戻すことにあります。簡単に取り付けられるものも、純正品にするべきですが、加工までして取り付けたものもあるでしょう。こうしたパーツに関しては、車に傷がつくぐらいであれば、そのままにしておいたほうがプラスです。内装パーツでも、ノーマル品を加工してしまった場合には、無理に戻すよりはそのまま相談するほうがいいでしょう。

こうしたことにならないように、加工する場合には純正品は残しておくようにすることが重要です。専門業者であれば、簡単に戻すことができることもありますので、純正品のあるなしが、車査定に大きな影響を与えることになるでしょう。

自分で戻すことができるのであれば、パーツはそのまま売ってしまうこともできるメリットがあります。オークションといっても、車を売ってしまうようなことより、はるかにリスクが少なく、簡単に書いても見つかるでしょう。ちょっとしたパーツでも思わぬ金額になることも珍しくありませんので、車を手放すときには、純正品は大切にしておかなければいけないのです。

「車査定を引き上げた買ったら純正品を大切に」の続きはこちら